December 22, 2018

株式会社セガゲームス/内定者インタビュー

仲里結花


「夢を忘れずにチャレンジすれば、叶えることが出来る」

小さい頃からゲームで遊ぶことが好きだったので、将来はゲームに携わる仕事が出来たらいいなと漠然と業界に対する憧れを持っていました。 高校生になり卒業後の進路に悩んでいた時に、ゲーム制作を通してプログラミングやIT技術等を学べる産業情報学科のことを知り、ここなら自分の夢に近づけるのではないかと思い進路を決めました。これまで、パソコンを触ったことがない初心者でしたが、大学に入りコンピュータの知識や情報技術に関する授業を通して基礎から学ぶことが出来ました。
2年生の後期からゼミで専門的な知識を学びますが、コンピュータグラフィックスを学べるゼミを選ぶことで「CGデザイナー」になりたいという具体的な目標を持つことが出来ました。これまで、映画やゲームの中でしか見たことがなかったCGの世界でしたが、実際に自分で制作してみると慣れるまでがとても大変でした。しかし、先生が丁寧に指導してくださったので、少しずつスキルを身につけることが出来ました。
就職活動では、ポートフォリオ制作の他に県外への渡航費など金銭面でもとても大変でしたが、大学の県外就職活動補助金サポートを受けられたので費用の面でとても助かりました。 志望していた憧れの企業から内定を頂いた時はとても嬉しかったです。夢を忘れずにチャレンジすることで、自分の夢を叶えることが出来ました。将来の目標は、ゲーム開発者の一人として名前が載ることです。今度は、私が夢を与えられるような存在になれるよう頑張りたいと思います。

沖縄国際大学 産業情報学科 4年次
仲里結花(知念高校出身)


<< Back